TOPへ戻る

コスト・機能・比較

ウォーターサーバー人気ランキング

ウォーターサーバーって?

 

ウォーターサーバーとは、amazon.jpg専用のボトルをサーバー本体にセットするだけで、いつでも冷水・温水が使用できる便利な給水&給湯機器のことを言います。
従来は業務用に開発されたものでしたが、現在は水の重要性が指摘されるようになったため家庭用としても広く普及しています。

 

お水も業者が宅配してくれるので重たい水を家まで持ち帰る手間も省けます。

 

 

 

ウォーターサーバーの仕組み

 

水のボトルをウォーターサーバーにセットすると、サーバーの中の貯水タンクに一定の量の水が流れ込みます。
このタンクの存在が、いつでも適温ですぐに水が利用できる秘密です。
タンクの中の水量が減ってくると、ボトルから貯水タンクに自動的に水が供給される仕組みになっているのが一般的です。

 

機器本体の中に冷水用と温水用のタンクがあり、いったんそれぞれのタンクに貯蔵されたお水が冷却または加熱機能によって温度調節され、その温度が保たれた状態でストックされます。
利用するときはそれぞれに温度調節されたストック分を供給するため、待つことなくすぐに目的の温度の水やお湯を出すことができるのです。

 

 

 

ウォーターサーバーの機能

 

温水・冷水機能

 

温水は約80〜90度、冷水は約5度ぐらいに設定されています。
冷たい水も冷たすぎない温度でそのまま楽しめますし、ホットコーヒーやカップ麺を作る時にも温水が出てくるのでとても便利です。

 

チャイルドロック

 

小さな子供が居る家庭には便利な機能です。
温水レバーを誤って押すことがないようにロック機能が付いています。

 

無菌エアシステム

 

外部からの空気の進入を防ぎ水の鮮度を保つ水のパックシステム。
ガロンタイプのボトルには適用できないシステムなので、ウォーターサーバーを選ぶときには忘れずにボトルタイプの確認もしてください。

 

 

以上が標準的なウォーターサーバーの機能になります。
この他にも節電できる省エネモードや、サーバー内を清潔に保つ自動クリーンシステム搭載など各メーカーのウォーターサーバーをじっくり比較してみてください。

 

 

 

水の種類が選べる

 

水なんてみんな同じと思っていませんか?
水といっても純水に限りなく近いRO水もあれば、自然の水を活かした天然水などもあり、ウォーターサーバーの水は1つだけではありません。
天然水においてもメーカーごとで採水地や含有ミネラルが異なります。
最近では家庭用のウォーターサーバーを取り扱うメーカーが増えてきているので、多くの種類の水の中からご家庭に合ったものを選ぶことができます。

 

 

 

スタイリッシュなデザイン

 

ウォーターサーバーといえば一昔前までは大きな場所を取るというイメージがありました。
でも一般家庭にも普及している現在では、コンパクトなサイズでスタイリッシュなデザインのものが増えてきています。
サーバー本体のカラーも選ぶことのできる会社が多く、インテリア感覚で使えたり、テーブル置きに使えるサイズのものなど
さまざまな中から選べるようになりました。

 

 

またボトル交換時に重い水を持ち上げることが大変と言う方のために
サーバー本体の下側でお水を交換できるサーバーもございます。

 

 

それぞれのライフスタイルに合わせてお選びいただけます。

 

 

 

ウォーターサーバーの申し込み

 

ウォーターサーバー本体の設置にはレンタル方式と買取り方式があります。
レンタルと買取りどっちがお得か多くの人が悩むものだと思います。

 

 

ウォーターサーバー本体を買取をする方法

 

ウォーターサーバーの買取のメリットとしてあげられるのが、買取の場合は支払いが終わると自分のものとして活用をする事ができるというのが最大のメリットでしょう。
長期間ウォーターサーバーを利用する予定のある人は、確実にレンタルをするよりも安く利用する事ができます。

 

買取のデメリットとしては、分割支払いが残っている時に解約をしてしまうと一括で返済をしなければいけないという危険があることです。
買取の際には契約をよく確認する必要があるでしょう。

 

 

ウォーターサーバー本体をレンタルをする方法

 

レンタルは各企業により違いますが大体月額の料金も1000円前後と安く設定されているので、気軽にウォーターサーバーを利用したい人にはお勧めです。
またレンタル方式は、長く使うものだと考えず使いたい時だけ使うという一時的な活用を考えている人には便利な方式と言えます。
最近ではレンタル方式ウォーターサーバーを利用する人が最も多く活用している形態です。

 

ただ長く使い続けるにはレンタルにすると高くつく可能性もあります。
あくまでもレンタルなのでなのでお子様の居る家庭では取り扱いには十分に注意をしなければいけません。

 

 

レンタルや買取といった方法で活用できるウォーターサーバーなので、それぞれのライフスタイルに合わせて、また必要を見極めて活用することをお勧めします。

 

 

 

レンタル方式でも買い取り方式でも、ボトル内の水の残量が無くなったら注文し、自宅などに配達してもらいます。
定期購入などであらかじめ配送スケジュールを決めておき、それに基づいて配達してくれるサービスもありもう、お水の心配をすることはありませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ウォーターサーバー比較 水素水ランキング 水の種類比較 コスト・機能・比較 ウォーターサーバー特徴 正しい水の選び方