TOPへ戻る

正しい水の選び方

ウォーターサーバー人気ランキング

水の雑学

人間の命の原点は水

 

 

たかが水
水なんてみな同じでしょう?

 

なんて思っていませんか?

 

 

人間の体の60%は水で出来ています。

 

水は体にとってとても大切なもの。

 

 

体に良い水を飲み続けていると脳梗塞や心筋梗塞をはじめ生活習慣病を予防できるのです。
でもただ飲んでいるだけでは駄目。

 

正しい水の選び方、飲み方がそこにはあるのです。

 

 

1日に必要な水分量

 

 

私たちの体は一日に2.5リットルもの水を放出して失っています。
マイナス分の水はその日のうちに補充しなければなりません。

 

プラスマイナスで考えて1日に1.5リットルの水を補給すればよいのですが健康で長寿を望むならば
あと1リットル増やし1日2リットルの水を飲むのが健康に良いとされる水分摂取の目安です。

 

 

体の中での水の役割

 

覚醒 血液の循環促進

冷たい水で目覚めスッキリ!

血液サラサラで冷えやむくみを予防

発汗 新陳代謝促進

汗となって体温の上昇を防止

古い細胞をフレッシュな細胞に

利尿・排便 鎮静

老廃物の排出・便通促進にも

脳に集中した血液を全身に流す

解毒・希釈 入眠

有害な物質を体外に押し出す

緊張感をほぐして心地よい眠り

 

水の知識

水の知識として知って欲しいこと

 

 

水道水の危険性

 

だから…ウォーターサーバーなんです!

 

 

 

水の採水地

 

水は単純ではありません。
採取地によってそれぞれ違いがあります。
自分にあった安全で美味しい水を選んでください。

 

水の選び方

 

水は量より質で選ぶ

 

 日本産と外国産のミネラルウォーターの違い

 

水を飲む量が大切であることは上記で語りましたが同時に水の質も重要になってきます。
水選びをするときにとにかくミネラルウォーターを飲めばいいのでしょう?と簡単に思う人も居ると思いますがこれは大きな誤解です。
私たちが日常口にしているミネラルウォーター、その中身は結構複雑なんです。

 

まずエビアン、ヴィッテルといった欧州産は本当の意味での天然水。
国産のミネラルウォーターは殆どが加熱処理されていますが欧州産のミネラルウォーターは殆どが加熱処理されていません。

 

硬水と軟水の使い分け

 

硬水と軟水で特に優劣はありません。
水としての性質が異なるのでそれを上手に利用することが重要になってきます。

 

動脈硬化、心筋梗塞などから身を守るためには軟水よりも硬水の方がお勧めです。
硬水に含まれるカルシウムとマグネシウムが欠陥を強くさせ血液をサラサラにします。

 

一方で硬水が不向きな方もいます。
代表的なのは腎臓に障害がある人。
このタイプの人が硬水を飲み続けるとカルシウムをろ過できず、尿路結石などを引き起こす場合があります。
また胃腸が弱い方、下痢を起こしやすい人も硬水はマイナスに働きます。
このようなタイプの方には軟水を選ぶことをお勧めします。

 

 

風邪に効果的な軟水の飲み方

 

軟水は風邪に効果があるといわれています。
ウィルスは乾燥したところを好み湿度の高いところでは活動が停止します。
風邪に強い人に共通しているは体内の水分量が一定に保たれている為少しくらいの菌やウィルスが侵入しても
体の中で増殖しないことです。そういう人は風邪やインフルエンザにかかっても一日寝ていれば治ってしまうのは水のおかげで
免疫力が付いているからです。
普段から水を飲む習慣をつけておいた方が良いでしょう。

 

それでも風邪をひてしまった場合には体に優しい軟水の水を常温で飲むようにします。
下痢などで体内の水分を失うようなときは電解質濃度に近いスポーツドリンクなどを飲むようにして安定してきたら
ミネラルウォーターに切り替えます。
喉が痛み、咳が出るようなときは寝る前にミネラルウォーターを飲むようにします。

 

 

水素水の不思議

 

 水素水は真の命の水

 

水素には酸化したものを元に戻す作用があることが確認されていますが水素水にも抗酸化力の高いことが確認されたのです。
脳に蓄積された活性化酸素を減少させる働きがあるということは記憶力の低下にとどまらず、認知症やアルツハイマー病、脳血管疾患にも効果があるのではと
期待が高まっています。
医療と向き合う水素水。
その可能性にはこれからも注目すべきことが沢山あります。

 

また水素水は、美容、アンチエイジングにも効果があり多くの芸能人やモデルさんたちも愛用しています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ウォーターサーバー比較 水素水ランキング 水の種類比較 コスト・機能・比較 ウォーターサーバー特徴 正しい水の選び方