TOPへ戻る

水の種類

ウォーターサーバー人気ランキング比較

水の種類

水にはたくさんの種類があります。

 

  • アルカリイオン水
  • 天然水
  • 水素水
  • 酸素水
  • 還元水
  • 温泉水
  • 炭酸水
  • 蒸留水

 

 

ウォーターサーバーの水の種類

 

ウォーターサーバーを選ぶポイントに水の種類があります。
主に天然水、RO水、RO水+ミネラルがあります。
3つの違いを比べて見ます。

 

天然水

 

自然界の水源から採水された地下水を原料としていて、非加熱処理を行わない自然そのままの味を楽しめる水のことです。
自然のろ過された水は、カルシウムやマグネシウムといった、人間に不可欠なミネラル成分を豊富に含んでいる
美味しいお水がこの天然水となります。

 

天然水のウォーターサーバーとして有名なブランドは、フレシャス、コスモウォーター、クリティア、プレミアムウォーターなどがあります。
水の採取地は、富士(長野県および山梨県)、大分県、京都府、島根県に集中しています。

 

 

RO水

 

RO膜と呼ばれるミクロレベルのフィルターを通してろ過された水で、通常のろ過では除去しきれない微細な不純物も取り除いています。
RO膜を通すことによって、本来お水に含まれているミネラル成分まで除去することが可能となりました。
RO膜を通したお水は、限りなく不純物がゼロになるということで、セシウム問題で、セシウムを除去することができる唯一の方法として広く知られるようになりました。

 

RO水のウォーターサーバーとして有名なブランドは、クリクラ、アクアクララ、ハワイウォーター、アルピナウォーターなどが有名です。
小さなお子様や赤ちゃんのミルク、高齢者の方にはRO水がお勧めです。

RO水+ミネラル

 

RO膜を通しただけのお水(純水)では、ミネラル成分による微かな美味しさや甘味すらも除去されてしまいます。
そこで、クリクラやアクアクララのボトルに入っているお水は、お水をRO膜でろ過した後に、人工的にミネラル成分を足すことによって、安全で美味しいお水を人工的に作り出しています。

 

 

 

水の安全性

 

 

天然水は、自然本来の味を楽しむことができるお水ですが残念ながら放射能問題で、天然水は安心できないと懸念されている方もいらっしゃるようです。
RO膜を通してろ過した水は不純物が限りなくゼロとなるため、RO水の安全性は高いと思います。
しかし、味、まろやかさを選ぶなら天然水がお勧めです。
天然水は各社・各ブランドとも毎月の水質検査を実施しており、これまで放射性物質の検出は確認されておりません。

 

どちらも安心してお飲みいただけます。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
人気ウォーターサーバー 今注目の水素水 水の種類 コスト・機能・比較 ウォーターサーバー特徴 正しい水の選び方