ウォーターサーバー比較と人気売れ筋ランキング2019@口コミ・広報部

広報部お薦め商品 人気売れ筋ランキング 最新サーバー 広報部・比較 口コミ・評価 よくある質問

広報部がお薦めする ウォーターサーバー

 

フレシャス (富士の恵から産まれた天然水)

http://www.frecious.jp/

高級感のあるデザインと機能性に優れたサーバー。《経済産業大臣賞》を受賞した唯一のウォーターサーバー!水は人工物が一切ない富士山の標高1000メートルにある開発限界地域で採水するというこだわり。お客様満足度bPのフレシャスサーバー。

コスモウォーター(100万台突破の天然水ウォーターサーバー)

http://www.cosmowater.com/

CMでも有名!圧倒的な支持率人気を誇るコスモウォーター。サーバーは無料レンタル、メンテナンス不要。お水は厳重な品種検査を受けた安心・安全な3種類の中から選べます。重いお水を持ち上げて交換することなく足元でらく楽ボトル交換。女性にも高齢者にも優しいサーバーです。

プレミアムウォーター (赤ちゃんにも優しい天然水)

https://premium-water.net/

モンドセレクション を富士吉田で3年連続W受賞。赤ちゃんにも安心・安全で美味しい天然水。四大ミネラルを含む、ナチュラルミネラルウォーター(天然水)を、高水準の水質・品質管理の元、非加熱処理により美味しさをそのままお届けします。省エネを考えたウォーターサーバーです。

CoolQoo (ノンボトル 次世代ウォーターサーバー)

https://coolqoo.com/

次世代ウォーターサーバーが誕生。ボトル不要、他社と比較しても宅配水の置き場、交換は考える必要なし、ボトルウォーター最先端浄化プラントと同じ技術を自宅へ設置。いつでも新鮮なピュアウォーターがお飲みになれます。オフィスでも大活躍!比べてみれば納得のウォーターサーバー。

 

水代0.3円×60リットル

月額18円

 

4200円

富士桜命水 (富士山からの贈り物)

http://www.fujizakurameisui.jp/

富士桜命水、雄大な富士の麓、標高1,000mの豊かな自然に 囲まれた富士桜高原より採水された天然水。 機能面に優れた サーバー。「床置きタイプ」と「卓上タイプ」があり使い分けによってお選びいただけます。クリーン機能も付き省エネ機能も搭載しているので電気代も節約できます。

アクアクララ(災害時にも強い安定供給)

http://www.aquaclara.co.jp/

独自製法のRO膜ろ過水にミネラルをバランスよく配合した水を宅配いたします。抗菌加工したエアフィルターを使用していますのでサーバー内の衛星を保ちます。モンドセレクション金賞を受賞し世界的評価を得ています。初めての方でも安心してお使いいただける無料お試しセットもございます。

             

クリクラ (テレビCMでおなじみ宅配水クリクラ)

http://www.crecla.jp/

CMでおなじみ宅配水「クリクラ」。宅配水売上高シェア6年連続1位!最先端技術の逆浸透膜(RO膜)システムで一般の浄水器では除去できない微小な物質をしっかり除去しミネラルがバランスよく配合されたまろやかな軟水に仕上がっていますサーバーレンタル料・宅配料は無料です。

ハワイアンウォーター(ハワイ生まれのピュアウォーター)

http://www.hawaiiwater.co.jp/

溶解率が高く浸透性の高い純度99.9%以上の純水なので、不純物を一切含まないウルトラピュアなお水です。世界で最も環境汚染が少ない地域ハワイ諸島の水質と最新鋭のろ過技術を組み合わせた水であり日本でも長年の定番として愛飲する人は多いお水です。純水ならではの味わいが楽しめます。

 

 

キャーンペーン事項、レンタル費、メンテナンス、価格など此処に記した事項以外の変動がある場合があります。詳しくは各公式ホームージにて御確認ください。

 

ウォーターサーバー広報部 

 

 

ウォーターサーバー比較部のAQUAです。このサイトはウォーターサーバーを知っていただくために様々な角度から独自にデーターを収集し自分自身導入してみた感想や利用者の口コミ、評価などをお伝えしていきたいと思っています。

 

水道からでる日本のお水は海外に比べ安全と言われています。しかし近年、放射能汚染や環境汚染による水の汚染が心配される時代となりました。ミネラルウォーターの売り上げが増していく今日、水の安全は皆さんが気にかけていること伺えます。

 

本当に水道水は安全なのでしょうか?赤ちゃんのミルク、お茶など飲料水を含めお料理にも水は欠かせません。体に吸収される水だからこそ安全で安心な水を飲みたい。

 

ウォーターサーバーの宅配水にはどんな種類があるのか?ウォーターサーバーってどんなものなのか?水の歴史やウォーターサーバーの歴史に遡り、水の知識を得てください。

 

そして今人気の売れ筋ウォーターサーバーの紹介や最新のウォーターサーバーを口コミを交えて比較していきたいと思います。

 

これからサーバー導入を新規で考えている方、現在のサーバーを乗り換えたいと検討している方にお役に立てれば幸いです。

 

安全で安心して飲める水をウォーターサーバー比較部は追求していきます。

ウォーターサーバーを知る前にまずは水の歴史からお話していきます。

 

水の歴史 河川から井戸水そして水道水へ

 

 

日本の水道水の始まりは江戸時代と伝えられています。これ以前の人々は水道が無かった為、湧泉や河川、湖沼などのほとりに人々は住み、そこから生活に必要な水を得ていました。やがて井戸掘り技術が生まれて、地下水の利用が可能となると水辺から離れて生活できるようになり生活の範囲が広くなりました。其の中で時代と共に集落や都市ができて大勢の人が集まると地下水では間に合わなくなってきました。 そこで良質の湧水や河川水を遠方から導いて水を確保する必要が生じてきました。これが現在の水道に至る経過です。有名な古代ローマの水道も江戸の神田上水や玉川上水もこのような経過をたどって作られたものであります。

 

 

水道の歴史

 

世界ではじめて水道が出来たのは約2300年も前で古代ローマ都市で水不足を解消するために山の水源地から直接水を引く水道の橋が作られました。

 

日本で初めて水道が出来たのは今から500年以上前の戦国時代。神奈川県の小田原城下に飲料水として引かれた「小田原早川上水」が最古の水道のルーツと言われています。あの徳川家康もこの上水を見て影響を受け、1600年頃江戸に「神田上水」を引きました。その後も「玉川上水」、「千川上水」などが次々に完成しました。

 

ちなみに東京都の水道は江戸上水で、天正18(1590)年、徳川家康の江戸入府時に開設された小石川上水であり、後に神田上水へと発展したと考えられています。その後、上水は順次拡張され、承応3(1654)年には玉川上水が建設され、さらに元禄9(1696)年までに、本所(亀有)、青山、三田、千川の各上水が整備されました。しかし、享保7(1722)年、神田・玉川両上水以外の4上水は廃止され、江戸時代の後半は主に神田・玉川の2上水が江戸の暮らしを支えました。

 

 

 

ウォーターサーバーの歴史

 

此処で近年注目を集めているウォーターサーバーの歴史を振り返ってみましょう。つい最近、此処近年急激に存在を明確にしてきたように感じますが実はイオーターサーバーの歴史は今から100年以上前に遡るようです。

 

一番最初のウォーターサーバーは20世紀初頭のアメリカで作られた「ウォータークーラー」が最初といわれています。現在のような冷温装置はついていませんでしたが、汚れた水を飲むためにろ過機能がついていました。そして日本にアメリカ式のウォーターサーバーが入ってきたのは1980年代といわれ、日本では水道水への不安や健康志向に向けてここ数年、急激な規模で広まっていますが、2000年頃、現在のウォーターサーバーが全国的に広まり始めたようです。

 

 

ウォーターサーバーの普及

 

水道水ライフラインが整うと生活は豊かになりました。しかし、近年の環境汚染などの有害物質による水の汚染で水道水にも不安が過ぎっています。

 

1955年から1973年急速な高度成長期都市化の影響で都市部では工場廃水、海の汚染など水質悪化が進み、水道水を浄水する際に多くの薬剤塩素などが使われるようになってきました。水道水に含まれるカルキの匂いが気になり同時に水の安全性への意識が一般市民の間でも意識されるようになり、人々は水は買って飲むものという意識が次第に浸透していきました。

 

その後、ペットボトル形式の「六甲のおいしい水」が登場し、コンビニやスーパーなどに並びヒット商品になりました。「南アルプスの天然水」も追随していれていき、1993年頃には海外からの輸入品のお水も数多くみられるようになりました。

 

 

ミネラルウォーターと言われるお水は現在でも広く浸透しています。スーパーなどに買いに行っても車でもない限りせいぜい人の手で持てても数本単位しか持ち帰れません。その後お水の宅配がインターネットの普及と其の中で誕生した通販サイトの普及でお水は簡単に手に入るようになりました。しかし、ペットボトルのミネラルウォーターのデメリットは家族が大勢いる方などコスト的にも高くなり、また使った後のペットボトルの処理に困ります。

 

そのため、今度は家庭用には浄水器が普及し始めました。水道の蛇口に取り付けて数位ヶ月ごとにカートリッジを交換するタイプの簡易的な浄水器が人気を呼んでいます。しかし、現代は其の業を更にアップした水道直結型の最新サーバーとしてウォーターサーバーは生まれ変わってきました。

 

 

お湯と冷水が出る画期的なウォーターサーバーが公に出てきたのは最初は公共の場、オフィス、医療機関などでした。一般家庭にはまだ名が知れず、業務で使うものとの認識が高かったようです。もともとは業務用として開発されていたものですが、現在は家庭用としてもウォーターサーバーが広く普及してきて導入する家庭が非常に増えてきています。

 

本当に使ってみると便利です。

 

現代はスポーツジムや温泉施設、医療機関などには当たり前に設置されています。スポーツジムや温泉では汗を流しますので水分補給に体に浸透する水素水サーバーを先端に導入している場所もあります。いまやスポーツジムには無くてはならない存在となりました。

 

 

 

今や水は選ぶ時代。

 

日本ではトイレやお風呂など特に水に困る事はないのですがヨーロッパなどの海外では大変貴重な物でありそして水を貴重品として扱うヨーロッパが、ウォ―ターサーバーの発祥の地と言われています。ミネラルウォ―ターも海外の文化の中で生まれました。

 

日本人の水生活のクオリティーは、急激に進化し続けていると言えますね。

 

 

 

ウォーターサーバーの特徴

 

ウォーターサーバーとは簡単に言えば安心、安全な水をご自宅まで宅配し機械(サーバー)にお水(ボトル)をセットするだけでいつでも24時間冷たいお水や温かいお湯が使えるものです。

 

従来ならお湯を作るのに水道水もしくはミネラルウォーターをガスコンロもしくはポットなどで沸かしお茶やコーヒーもしくは赤ちゃんのミルクなどを作ります。真夏に冷たいお水を飲むのに冷蔵庫で冷やしたり常温を下げるのに氷を入れたりとにかく冷温を作るのに手間を要しました。

 

お水の安全性的にもミネラルウォーターを買いに行ったり、其のつど重たいお水を持ち帰り廃棄したペットボトルの処分には困らせられたものです。

 

でもウォーターサーバーの出現によりそんな問題が一気に解決しました。

 

 

 

まずは水。各メーカーはそれぞれの特徴を生かした水を用意していて、その水は水源から採水した水をろ過して、非常に厳しい衛生管理が徹底されているものでボトルに詰められているため、有害な物質が混入したりする心配もなく、衛生面から見ても非常に安心して飲める水になっています。コスト面でもペットボトルで購入するより断然お得でまた重いものを運ぶ必要もなく定期的に業者が玄関先まで配達してくれます。ボトルをサーバーに簡単にセットするだけでok!

 

反対にデメリットは多少場所をとることと、ミネラルウォーターをあまり飲まない方、一人暮らしの方には割高になる可能性があります。

 

でも最近では一人暮らしの方や、ボトル交換不要(水道直結型)のサーバーも最新機種として導入されています。そちらの方も最新サーバーとしてご紹介していますのでご覧ください。

 

 

ウォーターサーバーを選ぶ基準

 

ウォーターサーバーと言えども現在多くのメーカーがあります。これだけあると何処を選んで良いのかわからないと言うのが現実です。

 

まず何を基準にして選んだらよいかをご説明します。家族構成サーバーを置くスペースお水の種類デザインコスト解約

 

この6つが基準になります。家族構成家族が何人いるかによりお水の使用量が変わります。お子様がいる家庭一人暮らし

 

サーバーを置くスペースお部屋のどの場所に設置するのか考えなければいけません。最近では台所以外でもお部屋のリビングなどにインテリア代わりとして置けるデザイン性のあるサーバーが出ています。スリムタイプ、卓上タイプもあるので思った以上場所は取りません。

 

お水の種類天然水ろ過、沈殿及び加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない特定水源より採水された地下水のことをいいます。採水後安全に飲めるようにろ過・加熱殺菌等の処理を行い、不純物を排除しています。天然水の採水地は体に良い成分が含まれた水質の良い地域が厳選されています。まさに自然によって作られた水ともいえます。

 

RO水RO水とは採取した水にRO膜処理を施した水のことをいいます。RO(Reverse Osmosis)膜とは逆浸透膜ともいい0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターを通して不純物を除去し製造されたのがRO水です。

 

RO水はろ過された純水に近い状態になりますので、人工的にミネラル分を添加して販売されることが多いようです。採水地が特定されておらず、人工的につくることができるため低価格のものが多いのも特徴です。

 

デザインスリム型インテリアタイプキャラクター卓上タイプ水道直結タイプ

 

コスト電気料金比較お水の料金比較サーバーを購入orレンラル

 

解約手数料解約金があるかないか他のサーバーに乗り換え(キャンペーン特典)

 

「水」と一口にいっても、水にはそれぞれ違いがあります。水は、無色無臭でなにも混ざっていない純粋なもののように考えられがちですが、純粋に水分子だけで構成された本当の「純水」というものは、存在しません。

 

水はものを溶かす能力が大きいために、常に何かが溶けこんでいます。そのため同じ日本の水でも地域によって水質が異なるのです。

 

飲料水を分類する基準の一つにpHがあります。これは水の中に水素イオンがどれだけ含まれているかを示す数字で、pH1は強い酸性、pH14が強いアルカリ性、その中間のpH7は中性ということになります。つまり数字が上がるにつれて酸性度が低くなり、7で中性、その後数字が上がるとアルカリ性度が高くなるのです。

 

 

水の種類には硬や軟らかさをあらわす硬水と軟水があります。

 

硬度100以下 軟水硬度101〜300 中硬水硬度301〜 硬水

 

 

日本の水の硬度はおよそ20〜60の間に入り、ほとんどが軟水です。ヨーロッパや北米などの水には硬度の高いものが多く存在します。

 

 

ウォーターサーバー広報部

ウォーターサーバーメーカー総合一覧

 

 

 

 

殿堂入りりサーバー