最新サーバー │ ウォーターサーバー人気ランキング.net

広報部お薦め商品 人気売れ筋ランキング 最新サーバー 広報部・比較 口コミ・評価 よくある質問

最新ウォーターサーバー

 

 

CMでも話題!次世代ウォータサーバー。美味しいお水を定額制で使い放題の水道直結式のウォーターサーバー。これからのお水は「宅配」するのではなく、ウォーターサーバーの中で美味しいお水を作る時代。純水を作れるRO逆浸透膜フィルター搭載。いつも出来たてのお水を飲むことができます。ボトル交換や置き場所、ゴミの後始末不要。これから宅配水や浄水器の利用を検討している方の幅広いニーズに対応しております。

ご自宅の水道水をミネラルウォーターにする高機能浄水器。3本のフイルターを使ってご自宅の水道水からミネラルだけを残します。取り付けは簡単、ボトル替え不要、コスト削減。定額制(毎月2980円〜)使い放題。ピュレストには、水道直結タイプのものと、タンクタイプ2種類。水道直結タイプは水栓にアダプターをつけるだけで使え、タンクタイプだったら、どんな場所にも使えます。

新常識ノンボトル・次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」テレビでも紹介されました。クールクーの最大のメリットは『一律定額で飲み放題可能な浄水タイプのウォーターサーバー』宅配水タイプのウォーターサーバーだと、飲んだ分だけ料金を払う必要がありますが、クールクーでしたらどんなに利用しても月額費用は一切変動なし!年一度のメンテナンス費用は毎月のレンタル代に含まれています

水道直結式の世界トップブランドWaterlogic社のUVハイブリッドサーバーを月額定額制で使用できるサービスです。ボトルも不要なので、いつでも好きなだけおいしい水を楽しめます。浄水器の世界標準である米国NSFインターナショナルの規格であるNSF/ANSI55 ClassAと、NSF P231をWQA(米国水質協会)の認証により同時取得しています。

水素水の最高峰。60リットルごとに自動洗浄してくれるのでメンテナンスは不要。ハイブリッドHサーバーはコンセントさえあればボタンひとつで20000ppm相当の高濃度水素ガスが注入された水素水を手軽に飲むことが出来ます。水道直結式、タンク式の2タイプ。抗酸化、アンチエイジングとして話題の水素水を手軽に職場やご家庭で飲みたい。そんな期待にお答えできるサーバーが登場しました。

 

現在のウォーターサーバー

 

現在ウォーターサーバの主流は水ボトルを交換するタイプのウォーターサーバーです。瞬間に冷水と温水がボタンひとつで出ます。お水は決められた日に決められた本数だけ玄関先まで宅配で届きます。お水を頼み忘れた〜なんて事は無く、足りなくなれば追加の連絡で届けてもらえます。

 

<特徴>

 

ウォーターサーバーの配送方法には「ワンウェイ」と「リターナブル」があります。

 

 

ワンウェイ」最大の特徴は、水が減っていくごとに空気が減りボトルが最終的に潰れるタイプで、使用後に小さく潰して資源ゴミや燃えないゴミとして処分することができます。水ボトルを返却する必要はありません。運送会社による配送なので、時間指定も可能です。 宅配ボックスのある場所ではご不在でも大丈夫です。ボトルは水が減ると同時に圧縮されていく作りなので、空気に触れにくく衛生的です。ワンウェイ方式のウォーターサーバーは、業者独自のクリーンシステムなどによりサーバー本体の衛生が保たれることが多く、サーバーメンテナンスが不要というものが多いのも特長です。

 

デメリットこのタイプの製品は、水の宅配時間に在宅しないといけないこと。宅配の業者は玄関先までの配送ですから、その後は各自で水を保安場所まで運ばないといけないこと。水の在庫を抱えなければならないこと、などがあげられます。

 

<特徴>

 

リターナブル」最大の特徴は、従来からあるウォーターサーバーの宅配回収方式で、空いたボトルは業者が回収し再利用されます。回収したボトルは業者が清掃滅菌洗浄し再利用しますので、衛生的です。 リターナブル方式のウォーターサーバーは、本体のメンテナンスが必要となり、メンテナンス期間は年に1回というメーカーが多いです。全体的にリターナブル方式のウォーターサーバーの方が安価な傾向があります。オフィス、公共施設などこちらのタイプを多く見かけます。

 

 

デメリットボトルを回収するまでボトルを保管する場所を取ります。メンテナンスが年1度必要になります。

 

 

ウォーターサーバーは次世代へ突入

 

ウォーターサーバーといえば宅配型のウォーターサーバー。ボトルに詰め込まれたお水を宅配してくれるサービスがウォーターサーバー。サーバーにセットして使うだけ。

 

しかし、ここ数年で宅配水型ではないノンボトルウォーターサーバーという形式のウォーターサーバーが注目を集めています。ノンボトルウォーターサーバー次世代型ウォーターサーバーとは何か?メリットと従来型とは何が違うのか?比較してみます。

 

ノンボトルとは文字のごとくボトルが無いウォーターサーバーの事です。 お水が無い?じゃあ、どうしてお水が出るの?

 

それはサーバー自体にろ過装置がついていて水道に直結してそのままサーバーからろ過した出来立てのお水を飲むことが出来ます。今までは水を宅配してもらうという従来のウォーターサーバー。それが水道水からお水を直接ウォーターサーバー内部に取り込み、内蔵されている高性能ろ過フィルターで水をろ過してしまうという仕組みなんです。

 

水事業先進国、アメリカ、韓国では80%がノンボトルウォーターが主流です。

 

ノンボトルウォーターの利点

 

宅配の受け取りが不要。ボトルの交換なし(重いお水をサーバーにセットする手間が省ける)月額定額費用でお水が使い放題。(ただし、水道料金、電気料は別になります)水道の蛇口に付ける浄水器よりフイルターがより精密。高齢の方にとって優しいサーバー。

 

それが今話題の次世代最新ウォーターサーバーです。

 

 

水素水サーバー

 

次世代サーバーとしてもうひとつ注目を浴びているのが水素水サーバー。最近の水素水ブームもあって、美容や健康のために水素水を考えている人も多いと思います。

 

ドラッグストアやスーパーなどで販売されている水素水は決して安くはありません。1本や2本飲んだところで効果は期待できません。長く水素水を続けたいと思っている人が選んでいるのが水素水サーバーなんです。

 

サーバーと聞くと、大きいボトルを交換するというイメージがありますが、水素水サーバーはその交換が必要ありません。多くの水素水サーバーは、自宅の水道水やミネラルウォーターを使用して水素水を生成するからです。

 

水道水を専用容器に注ぎ入れるタイプや水道直結タイプと種類があるため、自身が続けやすいと思うものを選びましょう。

 

ここでは水素水サーバーとは何か、どんなメリットがあるのかについて紹介してみたいと思います。

 

水素水サーバーとは自宅で手軽に水素水が作れる装置になります。飲料用の水を直接電気分解することで水素を発生させます。これが電気分解方式です。

 

カートリッジやスティックの中にマグネシウムを封入し、これを反応させることで水素を発生させます。定期的にカートリッジを交換しなくてはならない、完成までに時間がかかるといってデメリットはありますが、水素水サーバーの中では最もシンプルな機構になります。これが化学反応方式です。

 

<水道直結方式>水道の蛇口から直接水素水サーバーに給水するスタンダードな方式になります。自動で給水できる上に、一度設置すれば大量の水素水を手軽に作れるのが最大のメリット。ただし一方で設置するために水道工事が必要な場合があるのでマンションには向いていないと言えます。

 

<ボトル交換式>主にレンタルの水素水サーバーで採用されていることが多いです。ウォーターサーバーのように宅配された水のボトルをサーバーに設置することで自動的に給水されるようになっています。ボトルが空になったら新しい物と交換する必要があるのである程度のランニングコストはかかるものの、天然水など他のタイプには無い水が楽しめるのがメリットです。

 

<ピッチャー方式>ウォーターサーバーのように宅配された水のボトルをサーバーに設置することで自動的に給水されるようになっています。ボトルが空になったら新しいボトルと交換する必要があるのである程度のランニングコストはかかるものの、天然水など他のタイプには無い水が楽しめます。

 

水素水は飲むだけではありません。洗顔用の水や化粧水の代わりとしても利用できます。お風呂に入れて水素風呂を楽しむお風呂専用の機械もあります。肌に優しく、保湿保温力があり、髪を洗うとささらさらになる効果もあります。

 

ウォーターサーバー広報部

ウォーターサーバーメーカー一覧

最新ウォーターサーバー

最新サーバー │ ウォーターサーバー人気ランキング.netエントリー一覧

殿堂入りりサーバー